こんには、ナツキです。

 

2019年1〜3月は仕事の合間に
スノボにいくことが多かったです。

 

以前、サラリーマンの頃は
休日にスノボにいくしかありませんでした。

 

しかし、現在は時間に余裕を作ることができ、

「予定を作ってからそれに合わせて仕事を入れる」

ということが可能になってきました。

 

そのおかげで人の少ない平日に
スノボにいくことができるようになったのが、
個人的には非常に大きい変化だと思っています。

 

今回はスノボをしている上で感じたこと、
思ったことをお伝えしたいと思います。

ビジネスはスノボと似ている

突然ですが、
スノボの「キッカー」をご存知でしょうか?

 

ジャンプするために出っ張った坂が
キッカーです。

 

スノボを始めたての頃は
滑るのがやっとですよね。

 

そして徐々にスノボに慣れてくると

「ジャンプがしてみたい!」

キッカーにチャレンジしてみたくなるもの。

 

リフトで登りながら
キッカーに挑戦している人が少ないのをみて、
怪我するとか失敗するとか勝手に思い込んでいる。

 

それをみて
自分は逆に早いうちから挑戦しはじめました。

 

起業も一緒で、
借金するとか、事業がうまくいかないと思って
びびって挑戦しない人が多いです。

 

だから挑戦する人が少ないので、
挑戦するチャンスがあります。

 

物販ではみたことあるけど
ネットビジネスで破産した人はいない。

 

かかると行っても
月額1000円程度です。

 

まず初心者がキッカーにチャレンジして
感じることは「怖い」という感情ですよね。

 

「崖」のように感じることもあるでしょう。

 

そしてチャレンジしてどうなるのかと言いますと、
まずは転びます。
あるいは途中で怖くなってジャンプを諦める、
の2パターンに落ち着くんですよね。

 

多くの人は怖いから挑戦を諦めてしまいますが、
中には挑戦し続ける人もいます。

 

そして挑戦し続けた人だけが
ジャンプをすることができるようになるのです。

 

このポイントがビジネスに非常によく似ている
と私は感じています。

恐怖を克服して「挑戦」しよう

新しいことに挑戦する時は恐怖を伴います。

 

不安もありますし、
下手したら「死んでしまうんじゃ…」
と思うこともあるでしょう。

 

スノボのキッカーでも同様で、
ジャンプする直前は非常に恐怖を感じますが、
飛び超えて着地した時の達成感
といったらたまらないものがあります。

 

なにか新しいことに挑戦する時は
恐怖を感じるでしょうが、
そこを乗り越えると
大きな成功が待ち受けているのです。

 

これはスノボでもビジネスでも同様です。

 

しかし、恐怖に負けて途中でやめてしまったら
成功は絶対にしません。

 

スノボでもキッカーの直前で減速してしまえば
綺麗にジャンプはできませんし、
下手をしたら怪我をしてしまいます。

 

ビジネスでも同様で、
途中で恐怖に負けて
ビジネスを進める足を止めてしまうと
成功するわけがありませんよね。

 

このことからわかることは
ビジネスを始めるにおいて、
転ぶことや失敗することを恐れていては
何も始まらないということです。

 

新しいことを始めるのであれば
失敗は当たり前ですし、
怪我をすることも当然。

 

それはスノボなどのスポーツで
上達するための通過儀礼のようなものです。

 

そして失敗を繰り返した上で
コツを掴み成功できるようになってくるのです。

 

スポーツでは当たり前のことですが、
ビジネスではなぜか多くの人が
この「挑戦」というポイントで
尻込みをしてしまいます。

 

失敗を恐れずに挑戦をするように
心がけましょう!

 

不安に思うことの方が、
達成できた時の達成感も高いですし、
できることの幅も広がります。

ビジネスもスポーツも成功者の話を聞こう

また、スポーツでもビジネスでも
失敗するのには確実に理由があります。

 

スノボでジャンプに失敗するのは
「角度が悪かった」とか「速度が遅かった」とか
理由がありますよね。

 

ビジネスでも同様で
失敗には理由が必ずあるのです。

 

そこで対処する方法は

「すでに成功している人に話を聞く」

というのが重要。

 

スノボのうまい人に話を聞くのも
スノボの上達には必須でして、
ビジネスの上達には
ビジネスで成功している人から話を聞くのが必須です。

 

挑戦することが一番重要ですが、
次に重要なのは「成功者の話を聞く」
ということを意識しましょう。

小さなハードルから挑戦しよう

そして最後に重要なのは
「小さなハードルから挑戦する」ことです。

 

スノボのキッカーなら
高さの小さいものから挑戦するように、
ビジネスでもリスクの小さいビジネスから
挑戦するようにしましょう。

 

そうすればいざ転んだ時も
大怪我せずにすぐに立ち上がることができますので!

 

そして転んでもすぐに起き上がり
なんども挑戦した者だけが
成功することができるのです。

 

そのためには転んでも痛くない

小さなハードルから挑戦することが重要

というわけ。

スノボとビジネスは似ている!のまとめ

以上、今回は
スノボとビジネスに相関があることについてお話してきましたが、
「挑戦」を忘れないようにしてくださいね。

 

また

  • 「成功者の話を聞くこと」
  • 「小さなハードルから挑戦すること」

この2点も成功に必須な要素です。

 

これからビジネスを始めようとお考えでしたら、
今回のお話の内容をしっかりと頭に入れていただいてから
ビジネスに挑戦してみてください。

 

きっと成功が待っているでしょうから。

自由な人生を手にいれる教科書を読めます


僕は会社員を卒業し月収で420万ほど稼いでます。
才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと自由な生活を送れる家庭ではなかったし、
会社ではなんで採用したのか分からないと言われたこともありました。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
マーケティング手法や、
戦略をたてて商品を販売する方法、
コンテンツを作り価値を届ける方法など、
大学でも会社でも決して学べないことを知ることができました。

その経験から、
生まれた環境は選べなくても、
学び、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。


メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


電子書籍「Life Choice〜人生は選べる〜」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。